タグ:生きる力 ( 15 ) タグの人気記事

国語未来塾の 
窓越しに見える ベランダは
折々の花が咲くように
ささやかに 手入れしています。

e0365999_06072241.jpg



いつも 気づくのは
お花は「置かれた場所に 合わせて咲く」こと。
必ず、太陽のほうを 
すっくと 向いて
堂々と 
顔をあげて 咲きそろいます。


敬愛する ノートルダム清心学園理事長 渡辺和子先生の
置かれた場所で咲きなさい
という書名のとおり。

e0365999_06065732.jpg


10年以上同じ場所に 置いて育てていると
お互い 上手に 場所を譲り合って
それぞれに 
太陽の恵みが とどき渡るよう
のびやかに
控えめに
バランスよく 葉を広げ
花を咲かせます。

e0365999_06074284.jpg


こちらは、ここにきて 6年目の萩。
万葉集で 一番多く歌われているお花ですから
ぜひ!お仲間に・・・

太陽をもとめて ぐんぐん
ベランダから 顔を出します。
そんなに 背伸びしなくても・・・と
笑えるくらいの がんばりです。

さあ、今日も 子供たちが
未来を咲かせに 
来ます。

どこで どんな花を 咲かせるのかな。
楽しみです。

e0365999_22594498.jpg


168.png国語未来塾178.png
masakique☆i.softbank.jp
(★を@に変えてお送りください)

体験教室も、随時行っています。
お気軽に お問い合わせ下さいね



[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-05-30 17:27 | 国語未来塾の毎日

大学の授業が始まって、2週間。
ドキドキ ピカピカの新入生は 履修案内片手に
構内をうろうろ・・・毎年 ほほえましい季節です。

期待に胸を膨らませた新入生。し・か・し。
土曜日の特別補習は、なんと、日本人の大学生に行ってきました。
留学生に日本語を教えている 日本語教師に 3年くらい前から 
「日本人に、日本語を 教えてください」
との依頼が舞い込むようになったのです。
いやはや。。。

今日は その2回目。
入学早々、下位20名に選抜(?)された1年生が
仏頂面で座っています。

しかし!そこは、万葉ライブで鍛えたトークと、日本語自体の持つ面白さで
ぐいぐい 引っ張ってきました(にんまり)
「冷える」と「冷める」はどう違う?
もちろん、最初はポカーン。何 言ってんねん!という感じでしたが
「冷(さ)めたビール」「冷(ひ)えないうちに食べて」とは言わないでしょ?
なるほど~。
じゃあ、「切る」と「裁つ」は?などなど、弾丸のように
質問を浴びせ、頭をぐんぐん 活性化させていきます。

背もたれに べた~と寝ころんでいた 彼らが 
だんだん 身を乗り出してきて 最後は
「はいはい!体が冷えるというやん。身体が冷めるとは言わへんな」
「でもなあ、頭を冷やして来いとかも 言うやん。」
「『冷やす』は、冷蔵庫やろ。『冷ます』は。。。ふうふうする感じやな」
などなど。

そう。やっぱり、「考える」ことは「楽しい」ことなのです。
その機会が、今まで あまりなかっただけの彼ら。
『知的好奇心』は、一生の宝物です。
「先生、今度はいつ? 日本語って おもろいなあ~」
さいごは、にこにこ 帰っていきましたよ。

理学療法士の卵くんたちの未来、応援しています!

e0365999_23041510.jpg










[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-04-22 22:42 | 国語未来塾の毎日

桜さんからの お便り

週末は、桜日和でしたね~

「去年 桜を見た人? どこで見た?」
「は~い。後楽園。」さすが、岡山!
「近くの公園!」元気よく答えてくれます。

「今年も、おんなじように きれいに 咲いてるよね?
どうして、今年も こんなに きれいに咲くのか 知ってる?」

「は~い、あったかいから」
「は~い。きれいに咲いて、みんなに 花見をさせてあげたいから」
さすが、小さい万葉人たち。

そこで、早速 この万葉の歌を いっしょに 歌いました。
e0365999_23010699.jpg
「去年(こぞ)の春 逢えりし君に にてし
桜の花は 迎えけらしも~」

(桜の花は、去年、お花見で見た、あなたに一目惚れ。
だから今年もきれいに咲いて、あなたが来てくれるのを待ってるんですよ~)

え~と、驚く、小2男子たち!
そ・し・て
桜の花びらは、 ハートの形をしています。

どうしてか、わかるかな?
それはね、だ~い好きな あなたへのラブレター。


みんなのところに 届いたお手紙には、どんなことが書いてあったかな?
最初は「え~、わかんない。知らない。」
   「届いていないよ~」
と言ってた 小さい万葉人も 創造力のスイッチがどんどん入ります。
「さくらさんはね、いつも、みんなを 見守ってくれているんだよ。
どんなこと頑張った?どんなことが、上手にできたと思う?」

e0365999_23004602.jpg
さあ、心を 澄まして・・・うわあ、こんなに素敵なお便りとどいたね。

e0365999_22595948.jpg
全部、子供たちが 自分の心で聞いた 内容です

「Hちゃん とびばこの 七だん じょうずだね」
「Rちゃん うんどうかい がんばったね」...

「Rくん いつも 元気に学校へ行くのをがんばったね」
「Aちゃん きゅうしょく いっぱい おかわりするのを みているよ」
「Kちゃん ドッジボールを がんばっているね


子供たちの心に届いた お手紙に、どんなお返事を書こうかな?
桜と自由に おしゃべりできる 宝物のような時間です

じゃあ、お手紙もらったら、お返事を書きましょう~。
それが、こちら。

e0365999_22565627.jpg
12回目の岡山教室に メインで 来てくれているのは、新2年生です。

e0365999_22574596.jpg
「せんせ~、うらに絵が描きたいんだけど」「もちろん、いいよ~」

e0365999_22585970.jpg
自分をしっかり、肯定してもらっていると感じる力は
生きていく上で 最も大切な力の一つなのです。

e0365999_22592555.jpg
まだ、まだ 字が書けない園児さんでも 桜さんとのお話はできますよ。

e0365999_22564258.jpg
園児さんには、お母さんが代筆してくれました。

e0365999_22594642.jpg
この春は、どんなお便りがみんなのところに 届いたかな?
国語未来塾では、季節感を 一番大切にしています。
1300年まえの、万葉集の時代から続く 日本の国の宝物。

桜さんと、たっぷりおしゃべりできた 週末でした。


[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-04-09 00:03

弥生最後の一日は、第5金曜日。通常の教室はお休みなので
雨ニモマケズ、「こころのたね」撒いてきました。
中高時代の同級生ペアが 岡山の子供たちと ママたちへ
春休みのプレゼント178.png
ひらめきアート作文教室「こころのたね」IN岡山
アトリエペタタのさっちゃん先生が、去年の夏以来の登場です。

e0365999_21552746.jpg
小学生11人、園児さん5人。ひしめき合いながらも 楽しく始まります。
e0365999_22095878.jpg
まずは、さっちゃん先生の絵本から。
ぽとん ぽとんは なんのおと
冬眠をしている間に生まれた 赤ちゃんクマは
お外の音が気になります。そう、小さな春が生まれたときは
どんな音がするのかな?

2冊目は、子供たちに「おのまとぺ」を感じてもらえるように
ほわほわ さくら
小さな「春のたまご」の中には、どんな音が入っているかな?
e0365999_21555255.jpg
こどもたちに、「おのまとぺ」が入った「はるのたまご」を
一つずつ渡します。
e0365999_21563304.jpg
パカっと、開けてみると…
ひらひら」…何の音?「ちょうちょ」「さくら~」
にょろにょろ」は? 「へびさ~ん」
…じゃあ、みんなへびになるよ~にょ~ろ、にょ~ろ…
ふわふわ」は?「雲」「タンポポの綿毛」「綿あめ・・・」なるほどね~
点々つけたら全然違うよね。
「ひらひら」と「びらびら」
「さらさら」と「ざらざら」
この微妙なニュアンスの違い、日本語を学んでいる外国人には
もはや、マジック!
日本語の特徴の一つがこの オノマトペなのです。
「すいすい」は アメンボ、カエル
「ぐんぐん」は たけのこ、つくし!!
e0365999_21565853.jpg
たっぷり、春のオノマトペをあつめたら、
園児さんと、小学生さんに分かれて、きっかけアートと作文の時間です。
e0365999_21584016.jpg
園児さんは、さっちゃん先生と 「見つけた春」を描いて
白い卵の中に そっと入れます。
e0365999_22000168.jpg
小学生さんは、字で「目・耳・鼻・口・肌」の5感で捉えた「」を
オノマトペと一緒に、短文にしていきます。
・たけのこが にょきにょき はえてきました。
・タンポポさんが ピカピカのランドセルの1年生を迎えています。
・かえるが ピョンピョン 飛んでいます。

何気ない文賞にも、ちょっと「おのまとぺ」をいれると
瑞々しい表現に早変わりします。

大事にみんなの 「はるのたまご」の中に入れておいてくださいね。
e0365999_22001829.jpg
さいごは、やっぱり 万葉集。
春を迎える 喜びにあふれる歌を ♪

岩ばしる 垂水(たるみ)のうえの 早蕨(さわらび)の
萌え出(いづ)る 春に なりに けるかも~

(万葉集1418番 志貴皇子(しきのみこ)

e0365999_22003394.jpg
お母さんも一緒に さわらび ダ~ンス♪
この後、お子供たちは図書室へ。
ママたちは、さっちゃん先生に「絵本講座」を
たっぷり1時間していただきました。
「絵本講座の」詳細は、さっちゃん先生から、のちほど。。。

[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-03-31 23:02 | 2017 ひらめきアート作文教室

3月前半のペタタは石膏を使った制作をしました。



3月後半のモザイクタイルの制作につながる制作であり、
この秋に石膏版画を行うため触れておきたい素材でもありました。

制作導入絵本は
『はるがきた』 
(作: ジーン・ジオン/絵: マーガレット・ブロイ・グレアム/訳: こみや ゆう/出版社: 主婦の友社)



子ども達は自在に石膏を使い
“それぞれの春”があふれる素敵な作品を完成させました。


着色した石膏を割って作ったパーツを並べ
「見て!チョウチョやねん」「ここが道で、ここが線路やで~」

楽しいお話が広がります。





もちろん それを上手く言葉にできない子や
心の赴くままに偶然性を楽しんで作る子もいて
作品は実に様々、子どもの思いがギュッとつまています。


ですが、大人はついつい
形にとらわれ 答えを求めたくなりがちです。

子どもの作品を見て、何気なく「これって、いったい何?」
と尋ねてしまいます。

「え?○○なん? 何かわからへんかった!××かと思ったわ~。もっとここをこうしたら??」

悪気のない声かけや、良かれと思って言ったアドバイスであっても
子どもにとっては逆効果になることが多くあります。


子どものその時その瞬間だけの解釈は、例え間違っていたとしても
確実に積み上がってしまいます。

『物事は〇か×、白か黒でわけられる』
『自分が作って楽しいものではなく、大人が喜ぶものをつくらなければならない』
『求められるものに応えなければいけない』

その時の解釈だけの間違った概念を、植え付けかねません。


子どもに合わせた時間の流れの中で
大人は、うまく関わりを持ち

その子の持つ本来の力を大きく伸ばしながら
自分で考える力・表現する力をのびのびと育んでいきたいものです。




モザイク石膏アートについては、
http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/60584/
をご覧ください。


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

【ペタタ 春の体験教室を開催します 】

◆3月29日 10時半~12時  園児   《→定員に達した為、募集を締め切りました》
◆3月30日 10時~11時半  園児~小学低学年
◆3月31日 10時半~12時  小学生

体験料金 1回1000円
お申し込みは電話またはメールでお願いします。


*******
NPO法人アトリエ・Petata
読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

〒652-0033 神戸市中央区多聞通5-3-10
電話(078)351-1415

ホームページ  http://npo-petata.net/
フェイスブック https://www.facebook.com/npo.petata/
[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-03-16 12:23 | アトリエペタタの毎日

何かとイベントの多い季節。親としてはどんなふうだったのか
知りたくなるのは当然ですよね。

「○○ どうだった?」
子「べ~つに」「ふつ~
親「・・・(がっくり)」

こんなパターンが多くありませんか。
国語未来塾では「ふつ~」はありません。
「○○さんのふつ~と、私の普通は、きっと違うから
そこをきちんと説明してね、ハイ!最初から!」


かといって、親子では、なかなか冷静にいかないもの。
当然です。
そ・こ・で…国語未来塾では、
イベントがあったら、すかさず、「マッピング」。
口では もう、なかなか話してくれない思春期チームにおすすめです。

私立の小学校の中には、受験の終わった2月に修学旅行!というところもあるようで
書いてもらった 
マッピングがこちらです。
e0365999_09174596.jpg
私「修学旅行、どうだった?」
Mくん「おもしろかった」・・・だけの感想が、書き始めると止まらない。。。。
マッピングだけで、30分以上 かけていました。

マッピングのポイントは
五感を全て つかっているか?(嗅覚表現が難しいですが、臨場感がでます)
そこにオノマトペも加えます。そして、
起承転結 
「転」で、ちょっと残念な思い出を入れると文が引き締まります。

残り時間では当然書き終わらず、宿題になったのですが、次の週に書き上げてきてびっくり!
なんと、10ページにも及ぶ長編でした。
これには、お母さんが一番感動!
「家では 全然話してくれなかったことも、いっぱいありました。
こんなふうに感じていたなんて、おどろきです!お父さんにも見せます!」
普段、口数の少ないM君も、ちょっとはにかんで、嬉しそうでした。

そう、子供たちは、心の中に 実は、い~ぱい持っているんです。
ただ、それを引きだす場が 少ないだけ。
マッピング「書くこと」で、頭の中の思い出を「見える」ようにするだけで
新しい自分に出会えます。
それは、子供たちにとっても 新鮮な発見!
自分って、案外 できるやん!」
この 「自己肯定感をしっかり味わうこと」こそ、生きる力につながります。

同じ小学校のEちゃんも 修学旅行について たっぷり書きましたよ~。
「一番おもしろかったことは バスレクです」のには
ママもびっくり!だったようですが、それが素直な感想ですから058.gif

「書くこと」どんどん 楽しむ春ですね!

e0365999_08554450.jpg
机の向こうには 窓いっぱいのミモザです。
このミモザを目印に いつでもお越しくださいね。

春休み中の 体験教室も 受け付けています。
お気軽にご連絡くださいね

056.gif国語未来塾【御影教室】
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて、ご連絡ください)









[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-03-15 09:44 | 国語未来塾の毎日

弥生の教室のご案内

昨日で鳥&鳥の巣作りが終了!
本当にすてきな作品が完成しました(^^)
http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/60457/
にアップしています。
ぜひご覧ください。

さぁ、今日から3月!
石膏を使ったモザイクアート制作が始まりますよ。

春の体験教室も受け付けています!
(078)351-1415
またはメールでお問い合わせください。

e0373641_21560329.jpg

[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-03-02 21:56 | アトリエペタタの毎日

如月のペタタのまとめ

2月は、鳥と鳥の巣を作りました。
2回に渡っての制作です。(1回90分)

どの作品も、うっとりすっる程の可愛さ!
出来上がった作品が次々と作品棚に・・・まるで、雑貨屋さんの様です。



鳥は紙粘土で作りました。

鳥の巣は
絵本『鳥の巣いろいろ』や『鳥の巣の本』などから、子ども達が自由に発展させ

木の枝、プリザーブドフラワー、葉っぱ、木の実、毛糸などを使って作っていきます。

さらに、鳥の巣の中に、羊毛フェルトのマットを敷きます。
フェルティングニードルは使用せずエアパッキンと石鹸水を使ってフェルト作り。



このフェルト作りの体験と、
多くの素材の取捨選択を繰り返し
手を動かしながらイメージを形にする『思考力型の制作』を行うこと
を大切に、
今回の制作を行いました。

ちなみに、今回の制作導入の鳥の巣の絵本は
鳥の巣研究者でもある絵本作家鈴木まもるさんの著書です。



それぞれの生態に合わせ、卵を守るため、生きるための知恵を振り絞って作られる
様々な鳥の巣の説明は、子どもだけではなく
大人もとても楽しめる絵本です。


さて・・・これだけ材料があると何を作るかを迷う事も多いでしょう。
ですがさすがペタタの子ども達!!

毛糸をボンド水で固めたり
木の枝を使ってブランコ状にしたり…



どの作品も、すばらしいアイデアをどんどん形にして表現しています。
同じ物など全く無い素晴らしい作品が並びました。



この創造力に脱帽です。

一部ではありますが、子ども達が作った15個の鳥の巣を
ホームページ内のブログ http://npo-petata.net/
でご紹介しています。

ぜひ併せてご覧ください。


アトリエペタタは、体験教室を随時受けつけています。
時間にゆとりのある春休みにいかがですか?

また、春から始まる 2歳児の親子教室【プレペタタ】も併せて体験教室を行います。

ご予約・お問い合わせは 電話またはメールでお願いいたします。

電話(078)351-1415
[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-03-01 14:44 | アトリエペタタの毎日

如月の終わり

如月の終わり
1年生から来てくれていた
Fちゃんが 国語未来塾を卒業しました。

授業最後の日は 
「国語未来塾での軌跡」を
一人一人に 渡すことにしています。
何を勉強してきたか、
教材名はもちろん、学習のポイントも併記するので
その一枚をみれば、「作文のツボ」が 一目瞭然。
特に、お母さんたちにも「わかりやすいわ~」と 好評です。

学習面だけでなく、かかわってきたすべての時間が
愛おしい。
困ったり、分からなくなったりすると
とたんに いつものお喋りが消えること。
「宿題をわすれてきました」が、なかなか言えなかったこと。
「Fちゃんは とっても優しいから
先生をがっかりさせたくないのね。
でも、黙ってるとわからない。
先に 言っちゃったほうがいいことも あるんだよ」と
心を込めて 伝えてきました。

ひとり ひとりと しっかり向き合えるのが
小さな塾のいいところです。
その分、ちょっと 寂しさも 大きいけれど
『国語未来塾で しっかり学んだことは 一生の宝物』です。
自信をもって、次のステージに 進んでくださいね。

e0365999_19362366.jpeg
また、夏休みでも スポット授業に来てくれるそうです。
待ってるよ~。


国語未来塾には、
月4回・月2回のレギュラーコースと
空いている時間に来てもらえる スポットコースがあります。
詳しくは、お問い合わせ下さいね。

masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて、ご連絡ください)







[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-02-28 21:29 | 国語未来塾の毎日

羊毛フェルトも作ります

羊毛フェルトも作っています

今回は、紙粘土の鳥の下に
可愛い手作りの羊毛フェルトを敷きます!

...

羊毛の色を選んだら
シートに各色重ねて、
手でフェルト状にしていく楽しい時間です。

アイデアいっぱいの鳥&鳥の巣
どんどん出来ています

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、食べ物

[PR]
by hiramekiartsakubn | 2017-02-24 07:54 | アトリエペタタの毎日