出張教室(その2)

岡山教室は 園児さん~1年生中心の 教室です。
2016年の如月24日から始めたので ちょうど1周年。
ゆるゆる 続けて、昨日は9回目でした。

岡山市内 宇野小学校の学童ルームをお借りして
まずはお名前紹介から

みんなの お名前には命があるのよ~
お名前玉コロコロ~転がして、お名前を言いながら
お友達に届けるよ~

e0365999_23362950.jpeg
そのあとは、季節の歌をノリノリで・・・
心と体をほぐしましょ~。お母さんもご一緒に。

♪ゆ~きや こんこ
 あられや こんこ
 降っては 降っては ずんずん つもる~(^^♪

子供たち(ママたちも!)は、げんきに 「ゆ~きや こんこん♪
と歌ってくれますが、あられも、雪もおんなじように降るかな?

実は、「こんこ」は「来い来い」の意味なのです。
雪も、あられも来~い、来い!だから 「こんこ」なんですよ~

そして、この続き、歌ってみてくださ~い。
Hちゃんが おっきな声で歌ってくれます。

♪や~まも のはらも わたぼうし かぶり
ねーこも こたつで まるくなる♪


あれれ~。なんかおかしいかな?
よく一緒になってしまいますね。
1番は
♪や~まも のはらも わたぼうし かぶり
か~れ木 のこらず 花がさく♪


2番は
♪イヌは よろこび 庭 かけまわり
 ネコは こたつで まるくなる (^^♪

(♪わたぼうしかぶり♪)
e0365999_23371387.jpeg
背中にハートをつけて、ノリノリで踊ってくれます♬

(ね~こは こたつでまるくなる(^^♪)
e0365999_10053980.jpeg
みんな、ま~るくなってるよ~。

心と身体があったまってきたら、準備オッケー!
「季節のことば」を探した後、ぴったりのオノマトペを見つけます。

e0365999_23374833.jpeg

*これは、な~んでしょう?
「雪だるま」
*こっちの お名前知っていますか?
「じょせつしゃ!」(よく知ってるね~!)

*じゃあ 雪だるまさんは、どんなふうに作る?
「は~い。雪だるまを ころころ回して 作ります」
*じゃあ 除雪車は、どう?
・・・ごとごと?」「があがあ、じゃない?」
ゴー ゴーだよ!」
み~んな 正解!一人一人聞こえ方は違うからね。

次は、質問つくりコーナーですよ。こんな風に質問しましょう。
子供たちは、なぞなぞが大好き。
*わたしは、ぴかぴか 光っています。私は誰でしょう。
「は~い。こおりです」 ピンポーン!

子供たちもどんどん、自分でつくります。
e0365999_23382064.jpeg
は~い、僕できたよ!(年長さん)
*「ぼくは ぷう~っと ふくれます。僕はだれでしょう」
「わかった~。おもち!」 
「せいかい!」(ちょっと、せんせいっぽく034.gif
*「わたしは ぐうぐう ねています。だれでしょう」
「はーい! 雪穴のなかのくまさん!」
「せいかい!034.gif

くまさん何しているかわかる?「とうみん(冬眠)しているんですよ~」
そっと、大人の言葉も 寄り添って 伝えていきます。

そして、書く時間へ。
e0365999_23385644.jpeg


こちらは、園児さんと、一年生さんは、課題をちょっと変えています。
★一年生さんは 「雪」の歌詞を自分でどんどん変えてみます。

ゆ~きや(こんこ→)ふわふわ
あられや(こんこ→)ぱらぱら
ふっては ふっては どすどす つもる
みーちも いーえも ゆきの おけしょう
枯れ木も のこらず けしょうする

さっき集めた 旬の言葉とオノマトペを使い、
最後は自分で、全く新しい歌詞をつくって、大笑い!

みかん あむあむ かにさん ぱくぱく
たべては たべては どんどん ふとる
ゆ~き~だるまも ころころ ふとり
み~んな いっしょに ぷっくぷく~ ♬

「できた~、せんせ、おもしろいよ~。」と、Eちゃん。

こたつは ぽかぽか そ~とは ぴゅうぴゅう
じょせつしゃ ドンドン ガンガン うごく
いーえも くるまも まっしろに なるけど
ゆきだるま うごかず つまんない (^^♪

園児さんは 集めた旬の言葉に オノマトペを添えた
一文作りで完成です。
e0365999_23391501.jpeg

年長さんのA君。2文くらい書いて、 もういいかなあと思ったら、
お姉ちゃんたちのほうをちらっと見て
「もう ひとつ 書く!」
2回目参加のA君は、みんなから どんどん刺激をもらっています。

子供たちの可能性を一番感じるのが、このグループ・ダイナミクス。
「教えられること」と「学ぶこと」は
まったく異質のことだと感じるのはこの時です。
まなぶ」の語源は「まねる

自分からやりたい!と思ったことが
ほんとの 力につながります。
大人ができるのは、その ほんの お手伝いだけ。
国語未来塾では、「教える」ことはせず
「伝える」スタンスで 子供たちに寄り添っています。

あっという間の60分。心をたっぷり耕して
小さな「こころのたね」を そっと植えました。
おうちでも、たっぷり 水を あげてくださいね。

来月の 倉敷・岡山出張教室は
3月11日(土)です。
時間の詳細・場所のお問い合わせは
以下のアドレス(★を@マークに変えて)までお気軽にどうぞ~
masakique★i.softbank.jp














[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-02-26 11:06 | 国語未来塾の毎日

月に一度の 倉敷と岡山 出張教室に行っています。

倉敷は2013年9月から3年半のお付き合い。
1年生だったみんなも、高学年になりました。
こちらのよさは、なんと言っても 自然に囲まれた教室。
中庄駅近くの 公会堂をお借りしています。
e0365999_23322467.jpeg
抜群のアプローチをぬけると、白梅が気品あふれる姿で迎えてくれます。
今日のお題は「ひとひらの 風花(かざはな)
「風花」とは、雪が降っている様子ではなく、
木々や、屋根に積もった雪が 風に乗って 花のように飛ばされる様子です。
だから、バックは曇りの雪空ではなく、真っ青な空。
そこに、真っ白の雪が、風に乗って 花のように舞っている~

今日は以下の万葉から始めました。

『 我が袖に 降り来る雪も 流れゆきて 
妹(いも)が手元(たもと)に
い行(ゆ)き 触れぬか
万葉集2350番 詠み人知らず)

私の袖に 雪が舞い降りてきたよ。誰からのお手紙だろう。
返事を書くから、どんどん流れていって、大好きなあの子の手元に到着。
そっと触れてくれたらいいのになあ。元気かなあ、会いたいなあ~。

心の万葉スイッチをいれたら
「風花」が、誰かからの素敵なお便りに読めるんですよ~。

女子は、今回 なりきりモード。

*マカロン修行に、パリに行っている小4の女の子の手元に
七色マカロンからのお便りが・・・

*お父さんの転勤で、ロンドンに来て3年目の小5のひろみ。
大好きなピアノを弾く暇もなく、毎日 塾と学校と家との往復。
小さなため息を一つ ついたら、ほこりをかぶったピアノさんからのお便りが。。。

e0365999_23311227.jpeg
不思議なもので、「風花(かざはな)のお便り」だと、人から人へ届くもの…
というのは少なくて「天国のおじいちゃん。」「いなくなったペット」
「無くしてしまったぬいぐるみ」など、実際に会えない人、物を 
「風花」を届けてくれる相手に選んでいるのです。

自分の頭の中にだけに 存在しているものが 文字をおびることで
きちんと目に見え、手で触れることのできる不思議と 充実感。

そんな子供たちを ゆっくり見守る 白梅と村の鐘
e0365999_23314987.jpeg
のどやかな 教室に、一度 ぜひいらっしゃいませんか。

(続きの岡山教室については、また、明日~)











[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-02-25 23:48 | 国語未来塾の毎日

羊毛フェルトも作ります

羊毛フェルトも作っています

今回は、紙粘土の鳥の下に
可愛い手作りの羊毛フェルトを敷きます!

...

羊毛の色を選んだら
シートに各色重ねて、
手でフェルト状にしていく楽しい時間です。

アイデアいっぱいの鳥&鳥の巣
どんどん出来ています

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、食べ物

[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-02-24 07:54 | アトリエペタタの毎日

鳥の巣いろいろ その2

鳥の巣いろいろ vol,2
アイデアいっぱい!
鳥も鳥の巣も本当に可愛い

画像に含まれている可能性があるもの:花






[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-02-23 07:51 | アトリエペタタの毎日

塾業界の新学期は、2月から。
それに合わせて、国語未来塾にも、お問い合わせが増え
新しい生徒さんも入ってきてくれています。

月曜は、2月から通い始めてくれた野球少年(小4)がいます。
「国語が本当に、苦手なんです。」とは、おかあさんの談。
始めてみると、なんのなんの。。。。
たあくさん、表現したいこと、しっかりと持っています!

そして、今日が3回目。
お母さんからのびっくり、メールが届きました!

今日の作文は、帰ってきて、すぐに読んだろかと、
自分から読んでくれました。ビックリです。
絵を見なくても、笑えました😄
すっかり文を書く時に、流れを考えるようになって、
野球のノートの記述まで、考えてかけるようになりました✨3回で魔法です💖


月1回の出張教室でも、嬉しいお知らせが!
サッカー大好きの5年男子。作文なんて
大大嫌い、大大苦手だったのが
夏休み作文コンクールで入選をもらったそうです✨
e0365999_23312930.jpeg
みーんな、未来の宝物。書きたいことが
実は、いっぱい詰まっているんです。
国語未来塾は、そっと、その扉をあけるだけ。。。。

体験教室は、随時受け付けています。
お気軽にご連絡くださいね。




[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-02-22 09:54 | 国語未来塾の毎日

鳥の巣作り(2月後半)

子ども達の創造力って、本当にすごい!
今月の絵本は『鳥の巣いろいろ』

様々な鳥を紙粘土で作り
それぞれの家を作っています。

...

どれも本当に素敵!!

写真はほんの一部です。
また、随時ご紹介していきます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、鳥、靴

[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-02-21 07:48 | アトリエペタタの毎日


春夏秋冬と、年4回 季節をたっぷり味わいながら
続けてきた「ひらめきアート作文教室」も
今日の「冬:ばら色メガネを作ろう」のテーマで、
2016年度をしめくくりました。
e0373641_00035099.jpeg

「ばら色メガネ」をご存じですか。
イギリスでは、そのメガネをかけると
「いいところしか見えなくなる」そうです。
look at ~ through rose-colored glasses
直訳すると「バラ色の眼鏡を通して~を見る」

日本語では「~を楽観的にみる」という意味になります。
こんなメガネがあったら素敵だと思いませんか。
このテーマに沿って、まず、二つの絵本をよみます。

★きっかけ絵本
メガネをかけたら
(くすのきしげのり著・たるいしまこ絵)
*メガネをかけるのが嫌だった女の子。いじめられるかと思ったら
メガネをかけたおかげで みんなの優しさに気づく 素敵なお話です。

ま、えっか』(サトシン著・ドーリー絵)
これはまたまた、「ま えっか」が口癖のええ加減なおっさん。
何が起こっても「ま えっか」ですませるところ子供たちは大喜び!
自然に、「楽観的」の意味が腑に落ちたはず。

絵本の力は偉大です。あっという間に子供たちの心に飛び込み
「ばら色めがね」をかけてみせるのですから。
e0373641_00054957.jpeg
★アート制作
そう、だれでも、持とうと思えば持てる「ばら色めがね」が
今回のアート制作です。

ネコの耳の飾りのついたメガネ、本を開いた形のメガネ、
鉛筆柄のメガネ、ハートとギザギザグラスのメガネ・・・
子供たちのアイディアはぐんぐん 広がり
アートしながらお話も考えます。




e0373641_00053082.jpeg

★そして、作文へ。
まず、自分の周りのいや~な人・心が暗くなる出来事などを 
一人3つ紙に書いてもらいます。
e0373641_00042448.jpeg

『エレベーターが来るのが遅い。』
『妹が 私の後に いつも ついてくる』
『お母さんが ピアノの練習は?といつも言う』

などなど…どんどん出てくる一方、
「悪口書くのはいやや!」という小5男子。
いえいえ、悪口じゃないのよ。まずは自分の素直な「いやだなあ~」の気持ちです。
たとえば
「あー、今日も雨だな~」とかね。
「ふむふむ。そっか、じゃあ、お母さんが僕に言いそうなこと考えてみる」
と一応納得。

じゃあ、今作った「ばら色めがね」をかけてみたら
この状況…どうなるかな。
⇒「おー、この雨のおかげで、野菜が育つね」
⇒「お母さん、私がいろんなことに挑戦して、
可能性を広げようとしてくれているんだ」
⇒「妹は、私が大好きだから、私にあこがれてるんだろうな。かわいいな」
⇒「そっか、これは電気代節約、
  その上、ぼくの 忍耐力強化作戦だな。」

e0373641_00044210.jpeg

e0373641_00050130.jpeg
心に『ばら色メガネ』をかけたら、
いつもの周りの笑顔がどんどん増えます。

そ・し・て・・・
締めくくりの絵本は
『ええところ』(ふるやしげのり著・ふるしょうようこ絵)
みんなの「ええところ」 たっくさん みつけてあげてね。

e0373641_00033705.jpeg

2016年度も わくわく じっくり たっぷり 味わいました。
絵本・アート制作・作文をひらめきで繋ぐ中で
子供たちの心に、ぐんぐんと
「生きる底力」が 湧いていることを感じます。

6年生のM君は、字を書くのも嫌、作文なんてとんでもない!
だったのが
今日は、「いやなこと、いっぱいあんで~」と大盛り上がり
一番に書きあがり、「もう一作書こうかな」…
2回目の参加にして、この 嬉しい大変化!
中学生になっても、OB参加アリだからね(笑)

2017年度は、初夏・秋・冬(6・10・2月)の3回開催予定。
詳しくは、開催の1か月前にこちらでご報告しますね。

乞うご期待!!

ご参加いただいた皆様・・・ありがとうございました。
そして、2017年度の『ひらめきアート作文教室』は、
神戸での開催は3回ですが
全国どこへでも出張教室できる体制が整いつつあります。

興味があるけど、中々神戸まで行けない…という方は
ぜひとも、お声掛けくださいね。

ひらめきアート作文教室事務局
078-351-1415

e0373641_23284485.jpeg









































[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-02-19 23:20 | 2016 ひらめきアート作文教室

あけまして おめでとうございます。

さあ
まっ白な 画用紙のような
まっ白な 原稿用紙のような 
まっさらな 一年がはじまりましたね!

今年も 絵本とアートと作文を ひらめきで繋げ
「生きる底力」を身に付けましょう。

この力、一生モノです。

2017年も、よろしくお願い致します。

e0373641_23333724.jpeg



2017年・1月4日から...
アート担当:石橋の『アトリエペタタ』も
作文担当:藤澤の『国語未来塾』も

元気に「初教室」しています。

素敵な出会い、ワクワクの数々がどんどんあったのに
思うようにご報告、ご紹介できていなくて
もどかしかった2016年さん、さよ~なら~♪

もっともっと、子供たちの輝きに磨きをかけるべく
準備万端の2017年さん、こんにちは!

今年は 新たにブログも開設し、どしどし、投稿していきますので
どうぞ、よろしくお願い致します。

さて、早速ですが、日程変更をひとつ。

春夏秋冬と、四季折々のテーマでお届けしている
ひらめきアート作文教室
お申込みいただいている方々には
別途ご連絡をお送りしていますが、

2016年度の最終回「冬」の日程を 
諸事情により 変更いたします。

(旧)2月26日(日)

(新)2月19日(日)

会場・各コースの時間は 変更ありません。

☆ひらめきアート作文教室☆ (各コース:定員約5名)

◇園児コース「こころのたね」  9:30-10:30   3000円
◇小学生低学年コース 11:00-12:00  3000円
◇小学生高学年コース 13:30-15:30 4000円

会場:アトリエペタタ 神戸市中央区多聞通5丁目3-10
★テキスト・工作材料費込/
保護者向けニュースレター・指導案毎回配布

内容の詳細につきましては
近日中に発表予定です。ご期待ください!

今のところ、各回まだお申込みいただけますので
お問い合わせ、お申し込みはお気軽に 
アトリエペタタ・国語未来塾まで どうぞ。



前回の「秋」の高学年コースの様子です。
まだ、詳しくアップできていないのですが
宮沢賢治の「どんぐりと山猫」がきっかけ絵本で、
自分のところにも 素敵なはがき(アート)がとどき
その手紙をきっかけに 物語を綴りました(作文)。

きっかけ絵本

e0373641_23295074.jpeg


アート制作
e0373641_23303799.jpeg


アート制作から作文へ
e0373641_23312055.jpeg
e0373641_23324805.jpeg
e0373641_23333724.jpeg



[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-01-04 10:29 | 教室からのお知らせ