人気ブログランキング |

カテゴリ:アトリエペタタの毎日( 15 )

災害時に、もし大きなビニール袋が1枚あったとしたら、
その使い方は、一体いくつあるのでしょう。

実際にその袋を手にすると、アイデアが生まれてくるはず。

そうした思いから開催したペタタの防災・減災イベント
『あるもので工夫する!』が
5月21日、国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受けて開催されました。

神戸新聞社のご協力を頂き
『#ならべる防災』として非常用持ち出し袋の中身を再チェックしながら、

大きなビニール袋を手に、親子でどのように使えるか話し合います。



くるまって寒さをしのぐ! 
袋に入って顔だけ出すと寝袋みたいに使う!
水をためることが出来る! 
必要なものを入れて持ち運ぶことが出来る!
首と手を通す部分を切り取ると洋服の様になる!

家庭で普段使う45ℓゴミ袋の倍の大きさの90ℓサイズの袋を手に
子ども達のアイデアが次々と発表されます。


その袋に切り込みを入れポンチョタイプのレインコートを制作しました。

これは、頭でわかっていても実際に手を使って作ることで、
はじめて体得できる制作です。

「へえ!なるほどね、ココに切り込むを入れるとこうなるんだ!」と大人の声も聞こえてきます。


出来上がったビニール袋のポンチョを試着してみました。




当日は、非常食の試食も行いました。

◆鍋も水も汚さず、ポリ袋(※当日はハイゼックス炊飯袋を使用)だけで出来る炊飯
◆ローリングストックの説明
◆備蓄用に開発された非常食の試食です。

食器を汚さないように・・・新聞紙でお皿を折ってラップをかけての試食です。

美味しい美味しい!と子ども達の声。



阪神淡路大震災の時もに、温かい食べ物が本当に嬉しかったんだよ。と話しながら
読み聞かせした絵本は
『タンポポ』です。

東日本大震災の絵本です。

誰も笑えない、誰も笑わない。
でもボランティアさんの炊き出して温かい食べ物を口にした時、
湯気でほわっとぬくもって
少しだけ笑った。

という場面があります。

食べ物に感謝しながら心を込めて読みました。


他にも、
絵本と音楽のコラボとして当日は
『ゆずちゃん』 阪神淡路大震災の絵本
『つなみのえほん』 宮城県南三陸町での絵本
を選書して読んでいます。






今年度のペタタは、震災関連のイベントを中心に
◆震災関連絵本と音楽のコラボレーション
◆手をつなごう壁画制作・絵の寄せ描き
◆親子で防災・減災について考える機会として非常用持ち出し袋にお絵描き
を行います。

現在決まっているものは
7月広島県福山市、8月熊本県熊本市、10月宮城県名取市 来年1月神戸市での開催です。


3年にわたって子ども達の絵をつないで完成させる『ペタタ・KOBEお絵描きで手をつなごうプロジェクト』は
今年度が完成の年。
少しでも多くの子ども達に絵を描いてもらえるよう、
そして絵本を通して親子で震災を感じ話しあえる機会が増えることを心から願っています。
by hiramekiartsakubn | 2017-05-24 17:42 | アトリエペタタの毎日

アトリエペタタの読み聞かせアートメソッド
 Peta・tanto 指導者養成講座 
 ~制作実習と20のアート制作ノウハウ(春・夏)~



アトリエペタタでは、
絵本の読み聞かせと そこから広がるアート制作を通して
子ども達の創造力を育むカリキュラムを12年に渡り常に展開し続けています。

これらのメソッドを、保育の現場やご家庭用にアレンジしたものがPeta・tanto(ペタ・タント)です。



Peta・tanto)指導者養成講座では、
幼稚園や保育園 子育て中のご家庭など
それぞれの場ですぐに活かせる

季節に合わせた制作実習(2作品)と 本講座だけでしか知ることのできない20作品の
読み聞かせアート制作のノウハウや手順を学びます。



絵本を通して広がる アート制作あそびを中心に、

その他 表現あそび・言葉あそび・理科の不思議実験あそび・
絵本と体験をリンクさせるクッキング
など 多岐にわたる活動を織成した講座内容で、

子ども達に絵本の魅力や
『想像』を『創造』する楽しみを提供できる指導者を養成します。




***********************

◆対象者
ペタタ絵本講師養成講座 修了者
または
今年度中に受講予定の方(※下記日程参照/現時点での予約は不問です)


◆日時
2017年 6月 4日(日)10:00~3:30(昼休憩あり)
       
◆場所
アトリエペタタ 神戸市中央区多聞通5-3-10

◆料金
講習費¥8,000・制作材料費一式¥1,000 +消費税  計¥9,720


◆お申し込み・お問合せ
アトリエペタタ
TEL(078)351-1415
または  
メール info@npo-petata.net

***********************

※今年度のペタタ絵本講師養成講座予定(2017年) 
第7期 7月26日・8月2日・30日・9月6日・9月20日
第8期 11月8日・22日・12月6日・20日・1月24日

絵本講師養成講座のご予約も同時に受け付けます。
絵本講師養成講座について詳しくは
http://mbp-kobe.com/npo-petata/service1/2034/
をご覧ください。

by hiramekiartsakubn | 2017-05-15 18:13 | アトリエペタタの毎日

講演・絵本講座

ペタタ絵本講師養成講座 第7・8期生募集 (2017年度)

イメージ

来月から始まるペタタの絵本l講師養成講座の
第5期生の募集を開始します。

これまでの第1~6期までの講座では、
指導者の他、保育士、司書、児童養護施設・幼児教室の講師の方などが
ご自身のお仕事の導入に絵本を取り入れる方法などを学びました。


このように、ペタタ絵本講師養成講座では

◆絵本講師としての基礎知識
(ペタタの教室内で開講するため、たくさんの絵本を常備した環境が整っています)

◆絵本講座の応用方法・プログラムの組み立て方
(絵本をツールとした、ご自身の仕事への導入アイデアや簡単工作のノウハウ)

◆絵本講師の役割

◆プロのアナウンステクニックを取り入れた読み聞かせテクニック

などを学びます。


受講された方の声はこちらをご覧ください↓
http://mbp-kobe.com/npo-petata/service1/2036/

また、ご自身のお仕事に活かす方達が多かったのですが

興味があるけれども読む場所がないという方
始めは少人数の読み聞かせから試したい
と言う方のために
昨年度より、その機会も提供しております。


ペタタ絵本講師養成講座
◆第7期は
7月26日からスタートし、
8月2日、30日、9月6日、9月20日

◆第8期は
11月8日からスタートし、
22日、12月6日、20日、1月24日

いすれも全5回、水曜日に開講します。

少人数制ですので、どうぞ、お気軽にお申し込みください。

講座の内容など 
詳しくは、こちらをご覧ください↓↓
http://mbp-kobe.com/npo-petata/service1/2035/





*****************************************************

☆アトリエペタタの教室では、
体験・見学を随時受け付けています。

絵本の読み聞かせでイメージを膨らませ
そのワクワクをクリエイト(^^)/

家ではできない思いっきり大胆なアート制作や
珍しい材料を使った制作、クッキング、理科工作など
毎回変わるカリキュラムで行っています。

お問合せ・お申し込みはメールまたはお電話で!
(078)351-1415
メール otoiawase@petata.net


◆ペタタのホームページ◆
http://www.petata.net/

◆ペタタの日々のブログ◆
http://www.npo-petata.net/blog/

◆場所◆
神戸市中央区多聞通5丁目3-10

◆定休日◆
 毎週木曜・日曜


by hiramekiartsakubn | 2017-05-13 17:44 | アトリエペタタの毎日

前回のペタタのクッキング。
カツオを削ってかつおだしを取りましたが
鰹節を初めて見る子が多くあまりの硬さに「これは木だ!」と言う子もいました(笑)。



ペタタでは、子どもに最も必要なのは『直接体験』であるというコンセプトの基、教室のカリキュラムを組んでいます。

そして、経験から得る知識や生まれる疑問こそが
『調べ学習』のきっかけです。

例えばこの鰹節であれば、

◆なぜあんなに硬い?
→世界一硬い食べ物と言われているのは、表面に付着させる麹カビの一種が
繁殖時にカツオの中の水分を吸い取るため。

◆鰹節はいつ頃から硬くなった?
→鰹節は室町時代から重宝されていて、戦国時代は戦陣に携帯する程。
傷みが早かったため
土佐藩が江戸や大阪への貿易品にするために、品種改良され硬くなっていった。

その他にも
鰹節は1年の約3分の1の日数をかけ作られる。
など次々と調べ学習のきっかけが出てきます。



前回のクッキングの際には
「じゃあ、鮭節っていうのも出来るんじゃないの??」
という声が上がりました。

そうなんです!
鮭節はあります。
他にもサバ節、イワシ節、にしん節、さんま節などがあるそうです。



ところで、教育学者の齋藤孝氏は「賢い子に育てる最高の勉強法」という著書で、
子どもが備えておきたい力として『人生をデザインする力』を挙げていて、
そのためにも「段取り力」と「説明力」を伸ばす必要があるとしています。

スタートとゴールが決まっていてその間を埋めるという点においては、
ある意味「算数の問題」も「料理」も同じであると書かれています。




親子でクッキングをして会話による受け答えを楽しむことで、
それらの力を育むと同時に、
日常のいたる所に『自由研究や調べ学習のきっかけ』がある事をきっと再発見できるのではないでしょか。


★前回のクッキング
 『かつおだしのお吸い物とコイノボリの押し寿司』の様子はこちらです。
http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/61076/


by hiramekiartsakubn | 2017-05-08 17:46 | アトリエペタタの毎日

4月から5月にかけてのペタタは
例年、環境の大きく変わる子ども達の気持ちをほぐすようなカリキュラムを組んでいます。

4月後半は『コイノボリの押し寿司とお吸い物』クッキングを楽しみました。



お料理は、本当に子ども達は大好きなカリキュラムです。
もちろん!
ペタタですから、ただお料理するだけではありません。

旬のそら豆を使ったお吸い物をつくる前に
絵本『そらまめくんのあたらしいベッド』を読み、

絵本の中の「そらまめくのベッドは大きいね」「フワフワだね」という文章を、
五感を使って実際に確かめました。



「うわ~!ホンマにふかふかや~!」「不思議な匂い」
など、とっても楽しそうな子ども達。

そのそら豆まめのベッド(皮)を捨てずに嬉しそうに持ち帰る子が続出(^^)
みんな純粋で本当にとっても可愛いかったです。

さて、お吸い物のお出汁は、カツオです。
まず、かつおぶしを削ります。

あまりの硬さに「これは木だ!」と言い出す子も…(笑)
たくさんの体験を掛け合わせます。



そして、ご飯にお酢を入れて寿司飯を作り、
大きな錦糸卵シートやピーラーを使って薄くしたきゅうり、海苔などで、
押し寿司にした白い酢飯を創造力豊かにデコってコイノボリにしますした。


◆素材を知る、旬の野菜を知る
◆貴重な経験をする
◆絵本と体験をリンクさせる 
◆段取り力、創造力、発想力などを駆使する
◆色々な体験を掛け合わせ楽しいクッキングを行う。

というたくさんのねらいを含んでいます。


もちろん、その他にベーシックなこととしては
計量したり試食をしたリ…。



この写真は、試食が止まらない子達です(笑)


ちなみに、コイノボリのウロコになる部分は、
もちろん、
こちらであらかじめウロコ型に切るなど、一切していません。

大きな1枚のシート状ですので、自分で好きなように切ります。見本はありません。
ここが、ペタタのクッキングならでは、の工程です。

ウロコ型、水玉型、ストライプ、
錦糸卵シート1枚そのままでぐるっと包んだり、
短冊状に切ったものをフリルの様にして爪楊枝で固定する子もいて、
子ども達の発想力に驚かされました。

最後にお吸い物を頂いて終了。


出汁のきいた美味しいそら豆のお吸い物でした。

豆はぜ~んぶ嫌い!
と言っていた子も、自分で作ったお料理はペロリと食べちゃいました。

ただ作るだけではなく
創造力や直接体験をたくさん掛け合わせたオモシロクッキング
所要時間は90分です。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ペタタは随時
体験・見学を受けつけています。
(園児3才児~小学6年生まで各クラス)

2才になったらベビ―クラスへ。
新規開設。
こちらも体験・見学をうけつけてます。

お申し込みはメールまたはお電話でおねがいします。

メール info@npo-petata.net
電話(078)351-1415
by hiramekiartsakubn | 2017-05-04 17:49 | アトリエペタタの毎日

【受付開始します】

5月21日 防災・減災を親子で楽しく学ぶ
ペタタのイベント開催します。



このイベントの申し込み受付開始します。
定員は先着順で親子30組です。

絵本の読み聞かせと
お絵描きで手をつなごうプロジェクトはもちろんですが、

更に『あるもので工夫する!』
をテーマに、
大きなビニール袋を様々な防災グッズにアレンジしたり、
非常食をクッキングして新聞紙で作った食器で試食もします。

ぜひ、ご参加下さい!

お申し込み・お問い合わせは
アトリエペタタまで、
メールまたはお電話でお願いいたします。

メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415

◆国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成活動です◆



**************

子ども達の絵をつなぐ
『お絵描きで手をつなごう』プロジェクトも、今年が最終年です。



今年は、
5月  広島県広島市
7月23日 広島県福山市医師会
8月20日日 熊本市総合体育館・青年館
10月7日 神戸市兵庫区湊川保育園
10月8日 宮城県名取市文化会館
来年1月22日【最終日】神戸市ペタタのイベント会場
で開催が決定しています。




子どもたちの絵と笑顔が繋がり、
改めて親子で防災・減災を考える機会になりますように✨
by hiramekiartsakubn | 2017-05-02 17:51 | アトリエペタタの毎日


幼児期の体験は、生涯を左右するといっても過言ではありません。
ペタタント ベビーは
詰め込みではなく子どもが本来持つ時間の流れに合わせ、
好奇心を満たし創造力を育むプログラムです。

毎春、幼稚園・保育園ご入園前の1年間
ペタタの『プレクラス』を行っていましたが、

『ペタ・タント ベビークラス』としてリニューアルし、
来月から開講!

これまでのように満2才児の学年としてではなく、
2才のお誕生日を迎えた翌月から
随時ご入会いただけます。



ペタタントベビーのカリキュラムは、

アトリエペタタ(年少~小学6年生まで)のカリキュラムを
ベビー用プログラムにアレンジしています。

毎回 絵本 をメインに [絵本×アート] 親子制作あそび
[絵本×つみき] 知育つみきあそび
[絵本×音楽・表現] 表現あそび 

など、季節に合わせた
絵本×あそびアートの60分プログラムです。



◆日時
毎月 第2・3火曜日(10:30~11:30)
    第4火曜日(10:30~11:10)           
◆お月謝 
 毎月5,000円    
      
◆場所  
 アトリエペタタ 
                          
今年度の初回は 5月9日です。

これに伴い、4/25と5/2に
無料体験教室を 開催します。
(※体験プログラムは同内容ですので、ご都合の合う日のどちらかにご予約の上、ご参加ください)



もちろん、教室が開講してからも
随時、体験レッスンは行いますので
2才になっていない場合も、ご安心ください。

2才になった翌月からレッスンスタートです。 
親子で一緒に、楽しくご参加ください。


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

◆お申込み・お問い合わせ

アトリエ・ペタタ 
〒650-0015 神戸市中央区多聞通5-3-10
TEL(078)351-1415  

メール info@npo-petata.net 

ホームページ http://npo-petata.net/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/npo.petata/


by hiramekiartsakubn | 2017-04-24 22:52 | アトリエペタタの毎日

今年も素敵な桜の季節!
ペタタの教室内でも、今年も満開の桜が咲きました!
毎回違った技法で制作しています。



新学年になる4月から5月にかけては、子ども達の環境が大きく変わります。
緊張や不安定な気持ちをほぐすことが出来るようにとの思いから、
ペタタでは毎年この時期、のびのびと楽しめるカリキュラムをふんだんに取り入れます。

今年度も、今回の桜の壁面→おたのしみクッキング→室内で砂遊びと実験!砂のアート制作
など、心の安定をはかりつつ思いっきりたのしめるカリキュラムをとり入れています。
ねらいは、まさに『のびのびダイナミックに!!』です。
併せて前回は『球の転がる軌跡を体感する』も、もう1つのねらいとしています。



ボールが転がった跡には線が生まれる、球を押し付けたら円の形が生まれる。

遊びを通してたっぷり体験しているペタタの子たちは、
年齢に関わらず何のためらいもなく すぐにわかる事ですが、
経験したことの無い子には、当然なかなか理解できません。

その軌跡の付いた大きな紙をビリビリ破いて、桜の幹にみたて
壁面にコラージュしました。



ボールの転がるスピードは、年齢やクラスによっても異なります。

5~6年生の多いクラスのスピードの速いこと速いこと…(笑)
フェイズブックに動画をアップしていますので、是非ご覧ください。
https://www.facebook.com/npo.petata/
その時点でみんなかなり絵の具まみれです。


さて、そこからは、ピエロの鼻用のスポンジボールをアレンジして絵の具を付け、
桜の花を咲かせました。



投げたり、バンバンと壁にたたきつけてスタンプしながら、
ピンクのグラデーションをつけて大きな桜の木にしていきます。



仕上げに青空(クラスによっては夜空)にします。
絵の具を直接手につけ紙の余白の部分にダイナミックに伸ばして完成です!

みんな、とっても頼もしい汚れっぷりでした



************************************************

アトリエペタタでは
見学・体験教室を 随時受け付けています。
(078)351-1415
対象年齢は、年少~小学6年生まで

2才になった翌月から参加できるベビークラスも6月からはじまります!


◆アトリエ・ペタタのホームページ◆
http://www.petata.net/

◆Facebook◆ 最新情報をいち早くお届け!!        
https://www.facebook.com/npo.petata


◆所在地◆
神戸市中央区多聞通5丁目3-10

◆定休日◆
日曜日
by hiramekiartsakubn | 2017-04-14 22:56 | アトリエペタタの毎日

3月前半のペタタは石膏を使った制作をしました。



3月後半のモザイクタイルの制作につながる制作であり、
この秋に石膏版画を行うため触れておきたい素材でもありました。

制作導入絵本は
『はるがきた』 
(作: ジーン・ジオン/絵: マーガレット・ブロイ・グレアム/訳: こみや ゆう/出版社: 主婦の友社)



子ども達は自在に石膏を使い
“それぞれの春”があふれる素敵な作品を完成させました。


着色した石膏を割って作ったパーツを並べ
「見て!チョウチョやねん」「ここが道で、ここが線路やで~」

楽しいお話が広がります。





もちろん それを上手く言葉にできない子や
心の赴くままに偶然性を楽しんで作る子もいて
作品は実に様々、子どもの思いがギュッとつまています。


ですが、大人はついつい
形にとらわれ 答えを求めたくなりがちです。

子どもの作品を見て、何気なく「これって、いったい何?」
と尋ねてしまいます。

「え?○○なん? 何かわからへんかった!××かと思ったわ~。もっとここをこうしたら??」

悪気のない声かけや、良かれと思って言ったアドバイスであっても
子どもにとっては逆効果になることが多くあります。


子どものその時その瞬間だけの解釈は、例え間違っていたとしても
確実に積み上がってしまいます。

『物事は〇か×、白か黒でわけられる』
『自分が作って楽しいものではなく、大人が喜ぶものをつくらなければならない』
『求められるものに応えなければいけない』

その時の解釈だけの間違った概念を、植え付けかねません。


子どもに合わせた時間の流れの中で
大人は、うまく関わりを持ち

その子の持つ本来の力を大きく伸ばしながら
自分で考える力・表現する力をのびのびと育んでいきたいものです。




モザイク石膏アートについては、
http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/60584/
をご覧ください。


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

【ペタタ 春の体験教室を開催します 】

◆3月29日 10時半~12時  園児   《→定員に達した為、募集を締め切りました》
◆3月30日 10時~11時半  園児~小学低学年
◆3月31日 10時半~12時  小学生

体験料金 1回1000円
お申し込みは電話またはメールでお願いします。


*******
NPO法人アトリエ・Petata
読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

〒652-0033 神戸市中央区多聞通5-3-10
電話(078)351-1415

ホームページ  http://npo-petata.net/
フェイスブック https://www.facebook.com/npo.petata/
by hiramekiartsakubn | 2017-03-16 12:23 | アトリエペタタの毎日

積み木を組み合わせた ビー玉のレール。

何度も試行錯誤し、工夫し、高さを出して調整しています。

レールが、机の外まで出てしまったら…
みんなで協力して積み木を重ね
机と同じ高さまで積み上げています。何とも微笑ましい光景です。



何もないところから創造し、試行錯誤することを億劫と思いがちな子が増えています。

そんな時のオススメ絵本は
『ゆうちゃんとめんどくさいサイ』



たしかに、周りはめんどくさいことだらけ。
じっくり考えることなんて・・・めんどくさい!
積み木を積むなんて、めんどさい。

ですが、積み木もどの制作も
『思考力型』です。

思考力伸ばしてほしい。
創造力を育んでほしい。

そう!ペタタでは「めんどくさ~い。」は禁句なのです。

◆◇◆

2020年度の大学入試改革に向け、
中学入試などでも、
これまでと違い思考力型の試験が増えています。

例えば積み木を積む過程を試験官が見ていて
それをどういった考えで表現したのかをプレゼンする試験や、

ブロックで自由に作品を作り表現させたうえで短い文を記述させ、
そこから世界が抱える問題に繋げ解決法を考えるなどなど・・・

発想力・表現力・洞察力などの創造力が重視されています。

いずれにしても
『考えることを厭わない子』を見抜く試験が取り入れられていきます。



ゼロからモノを生み出す力は、
創造力を育む環境とその積み上げでしか育まれません。

与えられたものをこなすだけではなく、

考えることを厭わない思考力や
一昼夜で身につかない創造力が必要とされる時代がきているのです。

目に見えないものだからこそ大切に着実に育むべきなのです。

だからこそ、
口にしたとたんモチベーションまで下がってしまう
「めんどくさ~い」は、禁句なのです。


それを厭わず1つ1つ積み上げるからこそ
子ども達の笑顔が輝いていくのでしょう。





◆◇◆◇◆
ペタタ・春の体験教室は
3月 29日・30日・31日の3日間です。
時間はいずれも 10時30分から12時まで
場所はアトリエペタタの教室です。

29・30日 園児~新1年生
31日 小学2年生以上

お問い合わせ・お申し込みは
アトリエペタタまで
(078)351-1415


園児~小学生クラスだけではなく
2才児の『おやこプレペタタ』も新年度クラスも同時募集します!
by hiramekiartsakubn | 2017-03-07 00:39 | アトリエペタタの毎日