災害時に、もし大きなビニール袋が1枚あったとしたら、
その使い方は、一体いくつあるのでしょう。

実際にその袋を手にすると、アイデアが生まれてくるはず。

そうした思いから開催したペタタの防災・減災イベント
『あるもので工夫する!』が
5月21日、国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受けて開催されました。

神戸新聞社のご協力を頂き
『#ならべる防災』として非常用持ち出し袋の中身を再チェックしながら、

大きなビニール袋を手に、親子でどのように使えるか話し合います。



くるまって寒さをしのぐ! 
袋に入って顔だけ出すと寝袋みたいに使う!
水をためることが出来る! 
必要なものを入れて持ち運ぶことが出来る!
首と手を通す部分を切り取ると洋服の様になる!

家庭で普段使う45ℓゴミ袋の倍の大きさの90ℓサイズの袋を手に
子ども達のアイデアが次々と発表されます。


その袋に切り込みを入れポンチョタイプのレインコートを制作しました。

これは、頭でわかっていても実際に手を使って作ることで、
はじめて体得できる制作です。

「へえ!なるほどね、ココに切り込むを入れるとこうなるんだ!」と大人の声も聞こえてきます。


出来上がったビニール袋のポンチョを試着してみました。




当日は、非常食の試食も行いました。

◆鍋も水も汚さず、ポリ袋(※当日はハイゼックス炊飯袋を使用)だけで出来る炊飯
◆ローリングストックの説明
◆備蓄用に開発された非常食の試食です。

食器を汚さないように・・・新聞紙でお皿を折ってラップをかけての試食です。

美味しい美味しい!と子ども達の声。



阪神淡路大震災の時もに、温かい食べ物が本当に嬉しかったんだよ。と話しながら
読み聞かせした絵本は
『タンポポ』です。

東日本大震災の絵本です。

誰も笑えない、誰も笑わない。
でもボランティアさんの炊き出して温かい食べ物を口にした時、
湯気でほわっとぬくもって
少しだけ笑った。

という場面があります。

食べ物に感謝しながら心を込めて読みました。


他にも、
絵本と音楽のコラボとして当日は
『ゆずちゃん』 阪神淡路大震災の絵本
『つなみのえほん』 宮城県南三陸町での絵本
を選書して読んでいます。






今年度のペタタは、震災関連のイベントを中心に
◆震災関連絵本と音楽のコラボレーション
◆手をつなごう壁画制作・絵の寄せ描き
◆親子で防災・減災について考える機会として非常用持ち出し袋にお絵描き
を行います。

現在決まっているものは
7月広島県福山市、8月熊本県熊本市、10月宮城県名取市 来年1月神戸市での開催です。


3年にわたって子ども達の絵をつないで完成させる『ペタタ・KOBEお絵描きで手をつなごうプロジェクト』は
今年度が完成の年。
少しでも多くの子ども達に絵を描いてもらえるよう、
そして絵本を通して親子で震災を感じ話しあえる機会が増えることを心から願っています。
[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-24 17:42 | アトリエペタタの毎日 | Comments(0)

歳時記に親しむ

春一番・野分・菜種梅雨・小春日和・麦秋
この五つの言葉を、季節の順に、 並べ替えましょう。

2014年の灘中の入試問題です。
言わずと知れた 関西一の難関校ですが、歳時記を問う問題は 頻出事項。
かなり、玄人好みの出題です。

まずは、「春一番」…立春を過ぎて、その年初めて吹く、強い南風のこと。
次が「菜種梅雨(なたねづゆ)菜の花の咲くころに降る 長雨。3月終わり~4月ごろです。
そして「麦秋(ばくしゅう」…黄金色に麦畑が揺れるころ。ちょうど今頃ですね。
次が「野分(のわき)」…秋の初めに吹く 激しい風。野の草を分けて吹き通る風。実は台風です。
最後が「小春日和(こはるびより)」…初冬のころ。春のように暖かい晴天の日。

「春一番」は、よく耳にすると思いますが、「菜種梅雨」は6月の梅雨の時期ではなく
「梅雨のように…」降るということ。「麦秋」も季節の「秋」ではなく、この場合は「秋=実る」です。
「野分」は、源氏物語の(第二八帖の帖名)場面が思い浮かべば、台風だとわかりますね。

なあんて、さらっと 書きましたが、俳句をひねる方以外
大人は 長い人生のどこかで 耳にしたかなあ~という くらいでしょうか。

最近の中学受験を見ていると、「記憶力」が試されるというレベルを超えていると思います。
「記憶力」だけでは、到底 太刀打ちできないような問題が多いからです。
では、何を見ているのか。
それは、「生活力」だと思うのです。
日々の生活の中で 何に気づき、何を感じ、どう行動しているのか。

こうした歳時記の珠玉の言葉を 中学受験生の苦痛の暗記教科にするのは
なんとも モッタイナイ!

案外、ラジオがおすすめです。ラジオのアナウンサーさんは かなり歳時記に焦点をあて
お話なさることが多いからです。テレビのつけっぱなしもいいですが
たまには、ラジオからの言葉に集中するのも 脳トレになります。

国語未来塾を ささやかに始めたのが
2010年 弥生のこと。
『どんぐりコース』で、コロコロ 元気に学んでいた
ちっちゃなどんぐりさんの中の 一粒くんが、今年 中学受験!
私も一緒に 受験問題に挑戦しています。

国語未来塾では、何より「季節感」を大切に 題材にしてきました。
「旬のことば」をどんどん紡いで いきましょうね。
e0365999_06064708.jpg

窓の向こうのミモザも、花が終わり
たわわに 豆のような「実」をつけています。
ミモザの実、ご存じでしたか?




[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-23 22:15 | 国語未来塾の毎日 | Comments(0)

毎月 神戸市内の私立の小学校に
季節の万葉歌を お届けに行っています。
今年、開校6年目。いよいよ この4月から
6学年ぜ~んぶそろうので、
午前中の4コマだけでは たりなくて
5月から、二日間にわたって いくことになりました。

旬の万葉集(五月)


春の野に スミレ 摘みにと 来(こ)し 我ぞ
野を 馴(な)つかしみ 一夜(ひとよ)寝にける
(万葉集 一四二四番歌 山部赤人)
あったかくなったね。 あ~ いい気持ち。春の野に「スミレ」を
摘みに来たらね、あんまりにも きもちがいいので
ついつい 一晩そこで 寝っちゃたよ~


低学年さんは、この歌を何度も歌って覚えたら
そのまま 「春の野に~」と運動場に集合!
「一夜 寝にける~」で、ほんとにしばし休息。
ごろ~んと、運動場の芝生の上に ねっころがりました。

空に浮かぶ 白い雲 ほほを渡る風
あま~い 緑と土のにおい

い~いお天気、あっぱれ万葉日和。

教室に戻って、みんなに想像してもらいました。

赤人さんたちが お泊りしたのは どんな野原だったかな?

e0365999_23034138.jpg



虫やちょうちょも 一緒に遊ぶのね。

e0365999_23032977.jpg



すみれちゃんにも、ひとめぼれ・・・

e0365999_23031631.jpg



太陽さんも にっこにこ。

e0365999_23025259.jpg



緑の芝生が 気持ちよさそう~
ここまでは、入学したての1年生さん。

お次は、ちょっぴり おしゃまな 2年生さん。

e0365999_23023988.jpg



文字情報から、絵を導きだす この能力。
実は、国語の読解問題でも 最近よく問われるようになりました。

2016年の灘中の入試問題にも、問題文の中で
少年たちが作った船を 再現して、絵で描きなさいと。

「万葉人の心」には 子供たちが いっちばん近~いのです。

その感性、大切に育てていこうね~。

空に向かって深呼吸~

e0365999_22450273.jpg






[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-17 23:03 | 国語未来塾の毎日 | Comments(0)

講演・絵本講座

ペタタ絵本講師養成講座 第7・8期生募集 (2017年度)

イメージ

来月から始まるペタタの絵本l講師養成講座の
第5期生の募集を開始します。

これまでの第1~6期までの講座では、
指導者の他、保育士、司書、児童養護施設・幼児教室の講師の方などが
ご自身のお仕事の導入に絵本を取り入れる方法などを学びました。


このように、ペタタ絵本講師養成講座では

◆絵本講師としての基礎知識
(ペタタの教室内で開講するため、たくさんの絵本を常備した環境が整っています)

◆絵本講座の応用方法・プログラムの組み立て方
(絵本をツールとした、ご自身の仕事への導入アイデアや簡単工作のノウハウ)

◆絵本講師の役割

◆プロのアナウンステクニックを取り入れた読み聞かせテクニック

などを学びます。


受講された方の声はこちらをご覧ください↓
http://mbp-kobe.com/npo-petata/service1/2036/

また、ご自身のお仕事に活かす方達が多かったのですが

興味があるけれども読む場所がないという方
始めは少人数の読み聞かせから試したい
と言う方のために
昨年度より、その機会も提供しております。


ペタタ絵本講師養成講座
◆第7期は
7月26日からスタートし、
8月2日、30日、9月6日、9月20日

◆第8期は
11月8日からスタートし、
22日、12月6日、20日、1月24日

いすれも全5回、水曜日に開講します。

少人数制ですので、どうぞ、お気軽にお申し込みください。

講座の内容など 
詳しくは、こちらをご覧ください↓↓
http://mbp-kobe.com/npo-petata/service1/2035/





*****************************************************

☆アトリエペタタの教室では、
体験・見学を随時受け付けています。

絵本の読み聞かせでイメージを膨らませ
そのワクワクをクリエイト(^^)/

家ではできない思いっきり大胆なアート制作や
珍しい材料を使った制作、クッキング、理科工作など
毎回変わるカリキュラムで行っています。

お問合せ・お申し込みはメールまたはお電話で!
(078)351-1415
メール otoiawase@petata.net


◆ペタタのホームページ◆
http://www.petata.net/

◆ペタタの日々のブログ◆
http://www.npo-petata.net/blog/

◆場所◆
神戸市中央区多聞通5丁目3-10

◆定休日◆
 毎週木曜・日曜


[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-13 17:44 | アトリエペタタの毎日 | Comments(0)

前回のペタタのクッキング。
カツオを削ってかつおだしを取りましたが
鰹節を初めて見る子が多くあまりの硬さに「これは木だ!」と言う子もいました(笑)。



ペタタでは、子どもに最も必要なのは『直接体験』であるというコンセプトの基、教室のカリキュラムを組んでいます。

そして、経験から得る知識や生まれる疑問こそが
『調べ学習』のきっかけです。

例えばこの鰹節であれば、

◆なぜあんなに硬い?
→世界一硬い食べ物と言われているのは、表面に付着させる麹カビの一種が
繁殖時にカツオの中の水分を吸い取るため。

◆鰹節はいつ頃から硬くなった?
→鰹節は室町時代から重宝されていて、戦国時代は戦陣に携帯する程。
傷みが早かったため
土佐藩が江戸や大阪への貿易品にするために、品種改良され硬くなっていった。

その他にも
鰹節は1年の約3分の1の日数をかけ作られる。
など次々と調べ学習のきっかけが出てきます。



前回のクッキングの際には
「じゃあ、鮭節っていうのも出来るんじゃないの??」
という声が上がりました。

そうなんです!
鮭節はあります。
他にもサバ節、イワシ節、にしん節、さんま節などがあるそうです。



ところで、教育学者の齋藤孝氏は「賢い子に育てる最高の勉強法」という著書で、
子どもが備えておきたい力として『人生をデザインする力』を挙げていて、
そのためにも「段取り力」と「説明力」を伸ばす必要があるとしています。

スタートとゴールが決まっていてその間を埋めるという点においては、
ある意味「算数の問題」も「料理」も同じであると書かれています。




親子でクッキングをして会話による受け答えを楽しむことで、
それらの力を育むと同時に、
日常のいたる所に『自由研究や調べ学習のきっかけ』がある事をきっと再発見できるのではないでしょか。


★前回のクッキング
 『かつおだしのお吸い物とコイノボリの押し寿司』の様子はこちらです。
http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/61076/


[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-08 17:46 | アトリエペタタの毎日 | Comments(0)

たんぽぽの日々

連休のご褒美は
なんといっても のんびりする時間。
日頃は 半日くらい先の
「なければならない」に 追われる日々ですから。

連休最後は 
近くの住吉川を のんびり散歩してきました。

e0365999_16111123.jpg


鮎が のぼってくるほどの 清流です。
のんびり 頭を空っぽにして・・・

そうしないと、ほかのモノが 思いが
入る余裕が ありません。

からすのえんどうや 
もみじの 赤ちゃんも みつけました。

e0365999_16183472.jpg



いつもの「ハヤク!はやく!」の口癖も
今日は 出番 無し。



e0365999_15052681.jpg

ちょっと、まって~! とばした~い!
e0365999_15053963.jpg

ふう~
e0365999_15055413.jpg

上手に 全部 吹き飛ばせるようになった タンポポの綿毛。
最後の一つが 飛んでいくまで
待っているとき

俵 万智さんのエッセイ「たんぽぽの日々」を思いだしました。

「たんぽぽの綿毛は たんぽぽの子供たちだ。
地面に根を張っている母親は
子供たちのこれからをみとどけてやることはできない。
ただ、風に祈るばかり。」

たんぽぽの綿毛を吹いて見せてやる 
いつかおまえも 飛んでゆくから


俵万智さんの歌では、綿毛を吹き飛ばして 見せてやったけど、
娘は まず 自分で 吹き飛ばせるようになりました。

そんな 成長を思う一日。


*余談ですが、俵万智さんの このエッセイ、
2015年の灘中の国語の入試に出題されました。
灘中、さすがです!





[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-07 16:45 | 国語未来塾の毎日 | Comments(0)

十三詣り


十三詣りって ご存じですか。
生まれ年の干支が初めて回ってくる、数え年の13歳になったら、
虚空蔵菩薩様に知恵と 福徳を 授けてもらうために お参りすること。
関西では、七五三よりも大切にしているところもあると聞きました。

京都の法輪寺、大阪の太平寺、奈良の弘仁寺などが有名で
旧暦の3月13日にお参りするのが一番なのですが、
七五三と同じく、3・4・5・6月あたりに お参りするといいそうです。

数え年の13歳といえば、昔は、男の子の「元服」の年。
女の子は、大人の着物を肩上げしてもらって、晴れ着で出かけます。
e0365999_15402335.jpg
5月5日の子供の日、娘と一緒に 京都の法輪寺にお参りしてきました。

びっくりしたのは、「一字写経」と言って 願い事を漢字一字に込めて
奉納するのです。

e0365999_15032589.jpg
前の晩からず~っと考えて、娘は「結」と書いていました。
国語未来塾の「言霊パワー*今年の一字」と同じですね!!

なぜ、虚空蔵菩薩様に13歳でお参りするのか、
いろいろ言われが あるようです。

が、読経流れる 本堂の保護者席に座り、つらつら思うに
13歳は、数え年なら小学6年生~満年齢なら中学2年生、
つまり、心と身体のバランスが不安定になる思春期真っ盛り。
この時期に、身体の成長を感謝しつつ、心の成長を祈願する・・・
ということでしょうか。

虚空蔵菩薩さまとは、無限の宇宙のように広い心で 
見守ってくださる菩薩さま。

中学受験を迎える小学6年生は、塾の先生から「ぜひ!
十三詣りをするように!」と勧められるとも聞きました。

虚空蔵菩薩さまのように ひろ~い心で
子供たちを見守ってやりたいものですね。




[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-06 20:49 | 国語未来塾の毎日 | Comments(0)

4月から5月にかけてのペタタは
例年、環境の大きく変わる子ども達の気持ちをほぐすようなカリキュラムを組んでいます。

4月後半は『コイノボリの押し寿司とお吸い物』クッキングを楽しみました。



お料理は、本当に子ども達は大好きなカリキュラムです。
もちろん!
ペタタですから、ただお料理するだけではありません。

旬のそら豆を使ったお吸い物をつくる前に
絵本『そらまめくんのあたらしいベッド』を読み、

絵本の中の「そらまめくのベッドは大きいね」「フワフワだね」という文章を、
五感を使って実際に確かめました。



「うわ~!ホンマにふかふかや~!」「不思議な匂い」
など、とっても楽しそうな子ども達。

そのそら豆まめのベッド(皮)を捨てずに嬉しそうに持ち帰る子が続出(^^)
みんな純粋で本当にとっても可愛いかったです。

さて、お吸い物のお出汁は、カツオです。
まず、かつおぶしを削ります。

あまりの硬さに「これは木だ!」と言い出す子も…(笑)
たくさんの体験を掛け合わせます。



そして、ご飯にお酢を入れて寿司飯を作り、
大きな錦糸卵シートやピーラーを使って薄くしたきゅうり、海苔などで、
押し寿司にした白い酢飯を創造力豊かにデコってコイノボリにしますした。


◆素材を知る、旬の野菜を知る
◆貴重な経験をする
◆絵本と体験をリンクさせる 
◆段取り力、創造力、発想力などを駆使する
◆色々な体験を掛け合わせ楽しいクッキングを行う。

というたくさんのねらいを含んでいます。


もちろん、その他にベーシックなこととしては
計量したり試食をしたリ…。



この写真は、試食が止まらない子達です(笑)


ちなみに、コイノボリのウロコになる部分は、
もちろん、
こちらであらかじめウロコ型に切るなど、一切していません。

大きな1枚のシート状ですので、自分で好きなように切ります。見本はありません。
ここが、ペタタのクッキングならでは、の工程です。

ウロコ型、水玉型、ストライプ、
錦糸卵シート1枚そのままでぐるっと包んだり、
短冊状に切ったものをフリルの様にして爪楊枝で固定する子もいて、
子ども達の発想力に驚かされました。

最後にお吸い物を頂いて終了。


出汁のきいた美味しいそら豆のお吸い物でした。

豆はぜ~んぶ嫌い!
と言っていた子も、自分で作ったお料理はペロリと食べちゃいました。

ただ作るだけではなく
創造力や直接体験をたくさん掛け合わせたオモシロクッキング
所要時間は90分です。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ペタタは随時
体験・見学を受けつけています。
(園児3才児~小学6年生まで各クラス)

2才になったらベビ―クラスへ。
新規開設。
こちらも体験・見学をうけつけてます。

お申し込みはメールまたはお電話でおねがいします。

メール info@npo-petata.net
電話(078)351-1415
[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-04 17:49 | アトリエペタタの毎日 | Comments(0)

【受付開始します】

5月21日 防災・減災を親子で楽しく学ぶ
ペタタのイベント開催します。



このイベントの申し込み受付開始します。
定員は先着順で親子30組です。

絵本の読み聞かせと
お絵描きで手をつなごうプロジェクトはもちろんですが、

更に『あるもので工夫する!』
をテーマに、
大きなビニール袋を様々な防災グッズにアレンジしたり、
非常食をクッキングして新聞紙で作った食器で試食もします。

ぜひ、ご参加下さい!

お申し込み・お問い合わせは
アトリエペタタまで、
メールまたはお電話でお願いいたします。

メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415

◆国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成活動です◆



**************

子ども達の絵をつなぐ
『お絵描きで手をつなごう』プロジェクトも、今年が最終年です。



今年は、
5月  広島県広島市
7月23日 広島県福山市医師会
8月20日日 熊本市総合体育館・青年館
10月7日 神戸市兵庫区湊川保育園
10月8日 宮城県名取市文化会館
来年1月22日【最終日】神戸市ペタタのイベント会場
で開催が決定しています。




子どもたちの絵と笑顔が繋がり、
改めて親子で防災・減災を考える機会になりますように✨
[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-05-02 17:51 | アトリエペタタの毎日 | Comments(0)

今宵 新月。
新月にお願いごとをすると
叶いやすいと 聞きました。

4月の季節作文は
『起承転結で書く 自己紹介』です。

起:名前と ニックネーム 
承:好きなもの・こと/わくわくするとき
:ちょっと苦手・嫌いな もの・こと
結:一番 自分ってやるなあ~とおもうところ
 (得意なこと。上手なこと)

「起・承」は、普通にすらすらっと、いきますが、
ポイントは、「」。
自分を客観的に見ることにつながります。
ちょっと、自分を落としておくと、
最後の「結」の得意なこと、長所が、際立ちます!

e0365999_22500465.jpg
新5年生コンビも、しっかり書きましたよ~。
結のまとめには、新月の祈りを込めて・・・

★5年生になったので、これからはもっと私の苦手な「おのまとぺ」も
作文に入れたりして、今年こそ、「はぐるま」に入賞したいです。
★5年生になったので、野球で、オールマイティになりたいです。

まずは「言霊=事霊(ことだま)」パワー満載の新学期スタートです!
[PR]
# by hiramekiartsakubn | 2017-04-26 23:09 | 国語未来塾の毎日 | Comments(0)